サロン概要

知多半島の小さな一室にあるMaison de GIFT

unnamed-6

2015年3月1日。知多市で最初の障害者就労継続支援A型事業所として、Maison de GIFTは誕生しました。
突出した才能を持って生まれたギフテッド•難病や障がいを持ってもその人らしく尊重され、可能性を信じて共に働ける場所。
隠れた才能を発掘し、病後+1の生活を過ごせる場所として、当事者•家族•友人が主体となって運営しています。

〜知ってもらいたい 見た目に分からない病や障がいへの理解を〜
見た目に分からない生きづらさを持っている仲間達は、周囲の理解を得ることが難しく
「甘えだ」「親のしつけが悪い」「怠けている」と誤解を受けやすい環境にいます。
目に見て分かれば、理解を得やすくても「分からない」からこそ社会の対応が遅れています。
私達は、見た目に分からない病や障がいのことを知って頂くための発信も積極的に行って行きます。

〜設立理由〜

Maison de GIFTは、突出した才能を持って生まれたギフテッド•障がいや難病、がんになっても当事者・家族・友人が安心して働けるサロンとして、2015年3月1日に愛知県知多市に最初の就労継続支援A型事業所としてOPENしました。

東京・バリ島・ジャカルタと障がい当事者の就労支援活動をして来た松田千恵子と佐藤康太が次の活動場所として選んだのは、知多半島でした。

プロジェクトを終え、結婚をする為に帰国した先は、知多市。しかし、障がい当事者である千恵子を家族として受け入れて貰えず、康太は辛い日々を過ごしていました。
また、障がい理解が得られない地域の為、毎日気を使う日々。
さらに東京出身の彼女には、身近に家族も友達も相談出来る相手もおらず、塞ぎ込んでしまいました。
追い討ちをかけるように、子宮頸癌の疑いが持たれ、精神的にも限界まで来ていました。

障がい理解が無い1番の原因は、「知らない」「身近にいないの」といった理由から。

社会資源の乏しさが原因で、才能を発揮出来ない。そんな、隠れた才能を持つ仲間達を発掘し、知多半島から福祉の第一印象を変えて行きます。

就労移行支援・就労継続支援B型の事業所利用希望の方は、募集をご覧下さい。

サロン名 Maison de GIFT LOUNGE
住所 〒477-0032 愛知県東海市陀々法師1−2
電話 050-3563-0603
FAX 050-3563-0603
問合先 info@gift1000.org
営業時間 10時〜16時
休日 土日・祝日
運営 一般社団法人がん病後生活向上回復協会